廃校が宿泊施設に生まれ変わる!宮崎県新富町の「旧追分分校」校舎がスポーツ合宿等を目的とした施設としてリノベーション完了。一般の予約・利用も可能。 #廃校活用 #空き家再生 #リノベーション #追分分校

目次

黒板やクラス名など、学校の面影を残しつつもピカピカに改装!部屋数も豊富で様々なシチュエーションでの利用が可能

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、空き家再生事業の一環として、平成24年度に廃校となった町内の「追分分校」の校舎を、主にスポーツ合宿等を目的とした宿泊施設として改修し、オープンした。

名称     追分分校(おいわけぶんこう)
所在地    〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東1丁目70番地
料金     1泊1人3,500円
予約・問合  こゆ財団・森川(0983-32-1080)

本校舎の改装にあたっては、農水省の農山漁村振興交付金と町の補助金を活用いたしました。現在、町内で盛り上がりをみせるサッカーを中心とした活性化事業と連携し、町内外から来られる合宿やテレワーク等に活用いただける見込みです。

■追分分校(おいわけぶんこう)とは
追分分校は、新富町立富田小学校の分校です。平成24年度に、65年の歴史に幕を下ろし廃校となったのちは、町有地として町民向けにグラウンドや体育館の貸し出しを行っておりました。
2020年、手つかずであった校舎の改修をスタート。そこから2年の歳月を経て、合宿施設として一般公開する運びとなりました。

外壁の改装工事の様子

■内装の様子
昔ながらの黒板など、小学校としての面影を一部に残しつつ快適に過ごせる室内にリニューアル。
10人以上が泊まれる大部屋から、指導者の方もゆっくり過ごせる2人部屋、研修や座学などに最適な講義室まで用途に応じて様々にお使いいただけます。

合宿に向いた大部屋。
2人部屋・4人部屋と人数に応じて使い分け可能。
2人部屋・4人部屋と人数に応じて使い分け可能。
研修や講座に使えるスペースも
シャワールームも充実
ランドリースペースも完備
エントランスには憩いの場にもなるカウンターを設置

■外観

外観は当時の校舎そのまま。緑のグラウンドが広がります

■今後の展望:SDGs目標11「住み続けられるまちづくりを」達成に貢献する看板へ
持続可能なまちづくりの達成を目標とするこゆ財団は、本施設を「OIWAKE SDGs PARK」として新たに命名。
今月3日にも全国各地の起業家をはじめ、事業課題解決や拡大を考える人々が集うイベント「L-47」の開催地となるなど、新たな賑わいを見せました。
こゆ財団は、これからも持続可能なまちづくりを通して、SDGsゴール11「住み続けられるまちづくりを」達成に貢献してまいります。

◆一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)とは?
2017年4月に、持続可能な地域の実現を目指して宮崎県新富町が設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、1粒1,000円ライチに代表される農産物中心のブランディングや商品開発で稼ぎ、得られた利益を人財育成に再投資しています。主幹事業である新富町ふるさと納税の運営では、2017年から2021年までの5年間で累計70億円の寄附額を記録しており、新富町と多様な企業との連携事業や生活利便性の向上に役立てられています。
▷こゆ財団ウェブサイト https://Koyu.Miyazaki.jp
▷こゆ財団Facebook https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▷新富町ふるさと納税ポータルサイト
・ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402
・楽天 https://www.rakuten.ne.jp/gold/f454028-shintomi/
・ふるなび https://bit.ly/3uo6fSh
・さとふる https://www.satofull.jp/town-shintomi-miyazaki/
▷メディア掲載事例
日経新聞/日経MJ/Forbes JAPAN/事業構想/ソトコト/TURNS/日本農業新聞/全国農業新聞 ほか

廃校が宿泊施設に生まれ変わる!宮崎県新富町の「旧追分分校」校舎がスポーツ合宿等を目的とした施設としてリノベーション完了。一般の予約・利用も可能|こゆ財団

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000401.000028395.html

ライター

目次
閉じる