多拠点生活における「社会的インパクト評価レポート2021-22」を一般公開。6割超がリピート滞在、移住検討4割に。 #多拠点生活 #ワーケーション #空き家問題 #移住

★利用実態とアンケート結果から数値化した社会的インパクト評価
ンペーン始

定額制の多拠点居住プラットフォーム「ADDress」を運営する株式会社アドレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐別当隆志、以下「ADDress」)は、業務データおよび利用者アンケートを分析し、多拠点生活者の動向が社会的課題にどのように関わっているのかをレポートにまとめ、『社会的インパクト評価レポート2021-22』として一般公開しました。当レポートは昨年度に引き続き2版目で、この1年間での数値比較も行い、サービスの「社会的価値」を可視化しています。

1 2

ライター

目次
閉じる