「ニセコ」エリアに進出!ワールドワイドベースが新たに民泊施設の運営を開始。世界各国から多くの観光客が訪れる人気観光地「ニセコ」に運営エリア拡大! #不動産 #民泊 #投資

北海道から世界を感動で満たすため「人・企業・地域資源」を繋げる会社として、道内に宿泊施設を展開する株式会社ワールドワイドベース(本社:札幌市、代表取締役:平田 航大、以下:当社)は、「北海道虻田郡ニセコ町」で民泊施設の運営を開始した。

ワールドワイドベース「ニセコ」エリアに進出!

北海道の南西部に位置し、札幌から車で約2時間の位置にあるニセコは、パウダースノーの雪質の高さが有名で、世界各国から多くの観光客が訪れる人気観光地です。 自然が多く、食べ物も美味しいという魅力的なニセコは観光客だけではなく、成長を続けるニセコでのビジネスチャンスを求める人や、大自然に魅せられた移住者も増えています。

そんな魅力的な町、ニセコ町は不動産投資という観点でも海外投資家から注目されています。

  • ニセコの概要
ニセコエリアの概要図

「ニセコ(ニセコアン)」という地名は、アイヌ語から付けられたもので「切り立った崖」を意味しています。
ニセコは、広義には岩内郡岩内町・岩内郡共和町・虻田郡倶知安町・虻田郡ニセコ町・磯谷郡蘭越町からなる山岳丘陵地域の総称です。

一般的にはこの5町のうち、外国人を含む観光客の間で特に人気が高い3町(俱知安町・ニセコ町・蘭越町)が「ニセコ観光圏」と呼ばれており、特に倶知安町とニセコ町を「ニセコエリア」と表すことが多いです。

  • なぜ「ニセコ」で不動産投資が人気なのか

それは、ニセコの地価上昇率が全国1位であるためです。
国税庁が2020年7月に発表した路線価(2020年1月1日時点)によると、ニセコ町は全国約32万地点の標準宅地における上昇率で6年連続全国1位となりました。(※1)

国土交通省より2020年3月に発表された公示地価(2020年1月1日時点)においても、ニセコエリアの中核を成す俱知安町の住宅地の上昇率が44.0%と5年連続全国トップで、上昇率1位と2位をニセコが占めています。(※2)

中には、2014年の1㎡当たりの評価額5万円から、2020年には72万円と14.4倍に跳ね上がるという事例もあります。地価上昇率が高い土地の物件はキャピタルゲイン、つまり保有する資産の売却によって得られる利益も上がります。

その結果、ニセコ町は世界的な感染症拡大の渦中においても不動産投資が活発に行われており、これからもそのニーズは高まっていくことが予想されています。

※1…令和2年分 財産評価基準書 北海道 (路線価図)
https://www.rosenka.nta.go.jp/main_r02/sapporo/hokkaido/prices/city_frm.htm
※2…令和2年 地価公示変動率上位順位表 (全国)
https://www.mlit.go.jp/common/001333730.pdf

  • ニセコエリア進出の経緯と意図

当社は、今年で6期目を迎えますが、もともとは道内全域で無人ホテルや民泊施設を運営している民泊運営会社でした。世界的な感染症拡大の2020年頃より、投資家向けに不動産の販売を始めました。
取り扱っている不動産は様々ですが、いわゆる一般的な「レジデンスタイプの投資物件」だけではなく、独自のノウハウを活かした「民泊用の投資物件」を多く取り扱っているのが他社様にはない当社の特徴となります。
また投資家の方は、弊社に仲介から管理運営までワンストップで依頼することが可能です。これまで弊社は海外投資家のニーズに応えるために、「富良野」「ニセコ」「洞爺湖」エリアを中心に、中古戸建ての「民泊不動産」や「別荘」を取り扱ってまいりました。
円安により、道内の別荘エリアは更に世界的に人気になっていくと考えています。

弊社では市場のニーズと実現したい未来をもとにエリアを厳選し、世界中の投資家に向けて、新築・中古問わず、「別荘兼民泊用不動産」の企画販売及び仲介事業等に取り組んでいこうと考えております。

  • 今後の市場における未来予測
ユーザー中心のビジネスサイクル

今後、世界的な感染症の水際対策が緩和され、個人旅行客が自由に入国できるようになると市場はより活発になると予測しています。
円安の今、そもそも投資目的で訪日される方もいらっしゃいますが、旅行に来た際に北海道の自然や物価の安さを気に入り、「別荘」や「別荘兼民泊」物件の購入を検討し始める方が増えることも予想しています。

さらに、IT重説が解禁されたことにより、訪日回数も削減でき、一度現地を見た後は全て遠隔で取引を完了することもできるようになりました。
その結果、取引がスムーズになり、市場が更に活発になることが予想できるでしょう。

  • 株式会社ワールドワイドベースとは
実現したい未来に対して変革を

株式会社ワールドワイドベースは、北海道を拠点に民泊運営代行や不動産売買&仲介、マンスリーマンション賃貸事業を展開しております。

北海道から世の中に笑顔の輪を広げる企業へ!“北海道から世界を感動で満たすために”

ワールドワイドベースが提供するサービスは、ステークホルダーに寄り添い、最善の課題解決策を提案し、暮らしを豊かにすることを目的に展開しております。

私たちのサービスを通じて、笑顔を生み出し価値を提供し続けられる関係を目指します。
また北海道から世界を感動で満たすために、これからも「人・企業・地域資源」を繋げるきっかけを増やしていきます。

  • 企業情報
WorldWideBase co.,Ltd
会社名株式会社ワールドワイドベース (英文社名worldwidebase co.,Ltd)
代表者代表取締役 平田 航大
設立日2017年07月
所在地北海道札幌市豊平区豊平4条3丁目1−1 シャルム豊平 2F
企業サイトhttps://worldwidebase.co.jp/

◆ミッション・ビジョン

ミッション・ビジョン
  • 「夢中になれる文化をつくる」ミッションの元、「世界中の人々が自分の“心のまま”に生きる世界を創る」ビジョンに貢献します。

◆パーパス・ドリーム・ビリーフ

パーパス・ドリーム・ビリーフ
  • [PURPOSE] Make Value, Make Smile 人々に価値を提供し社会に笑顔を生み出す。ワールドワイドベースはご縁あるステークホルダーをより豊かにすることを存在意義としてビジネスを行います。世の中に価値を提供し続ける志を持ち、北海道札幌からワクワクを育て文化を作ります。
  • [DREAM] 世界を繋げるネットワークを創る。 ワールドワイドベースは「IT×不動産×観光」における領域を網羅し、プロとして夢に向き合います。世界を感動で満たすために「人・企業・地域資源」を繋げる“きっかけ”を作ります。
  • [BELIEF] “挑戦”って、おもろい。「志」や「夢」を実現するためにどのような心構えで日々の仕事に向き合っていくのか。”壁があればその手で乗り越える、道が無ければその手で創る“つらいし大変だけど、乗り越えた先にはこれまで味わったことのない喜びやみんなの笑顔がある。昨日の自分は決して今日の自分を裏切らない。ワールドワイドベースは、“挑戦”する楽しさ。“挑戦”する姿勢と向き合っていきたいと考えています。

◆事業内容

  1. 簡易宿泊所・民泊運営・ 簡易宿泊所・民泊物件運営代行
  2. 不動産仲介業務・不動産買取業務・ 不動産コンサルティング業務
  3. マンスリーマンション,ウィークリーマンション事業(https://akinashi-monthly.com/)の運営
  4. レンタルキャンピングカー事業(https://north-woodcamp.co.jp/)の運営

◆公式メディア

Wantedlyhttps://www.wantedly.com/companies/worldwidebase
Twitterhttps://twitter.com/worldwidebase
Facebookhttps://www.facebook.com/worldwidebase

「ニセコ」エリアに進出!ワールドワイドベースが新たに民泊施設の運営を開始|ワールドワイドベース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000097848.html

物件をお持ちの方へ

アキヤリノバでは、物件に関するお困りごとをお持ちの方へ、不動産会社のプロフェッショナルがお答えする相談窓口を設けております。
売却・活用のご相談から物件査定まで、あらゆるお悩みを一貫サポートいたします。
まずは無料でお気軽にご相談くださいませ。

ライター

目次
閉じる