空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

工場直売ジェラートショップ「ジェラテリアyuwa」オープンに向けたクラウドファンディングが開始!秋田県産の新鮮な美味しい生乳、東北の豊富な食材・文化をジェラートに。

~秋田市雄和にある小さな工場の新たな挑戦~


ノリット・ジャポン株式会社(代表取締役 菅原久典)が、秋田市雄和で採れる新鮮な生乳と、東北の豊富なフルーツを使用したジェラートを工場直売にて提供できるお店を2022年4月にオープンする。
オープンにあたり、キャンプファイヤ様にてクラウドファンディングを2月26日(土)から開始した。

【クラウドファンディング開始に対する思い】

1989年に地元の農家さんたちによって始まった小さな工場。

本格的なチーズや、カフェスペースで食べられるソフトクリームが地元の方たちに大人気でした。
しかし、2015年に工場長が急逝され、工場の稼働は停止となってしまいました。このままでは地域とつながった産業が途絶えてしまい、何よりもこの土地で愛されていた乳製品の味がなくってしまうことを危惧した弊社は、本工場の取得、乳製品加工製造の継続稼働(事業継承)することを決めました。先代の工場長が作り上げた製法とレシピ、そしてその思いを引き継ぎ、ここに乳製品加工経験あるスタッフを迎え入れ、現在ソフトクリームミックスを中心に、カップアイスクリームの製造などを行なっています。

工場を引き継ぐにあたり、製造免許の兼ね合いがあり、かつて賑わい人が集まったカフェスペースは製造スペースとなり、ソフトクリームの提供が出来なくなってしまいました。
「ソフトクリーム、買えませんか?」と工場を訪れてくださる方は、今もたくさんいらっしゃいます。地域の皆さんにとって、ここの工場が大切な思い出として残っている何よりの証拠だと感じています。

弊社が本工場を事業承継して約7年。現在もソフトクリームミックスの製造に加え、カップアイス商品の開発・製造などを行なっています。順調にソフトクリームの生産量を増やしつつあった中、新型コロナウィルス感染拡大による観光産業への打撃が私たちを襲いました。また、近年秋田県は人口減少、少子高齢化が加速し、秋田県内の需要だけでは工場存続が非常に難しい状況にあります。

製造量・出荷量ともに減少していく状況のなか、私たちは初心に返りこの乳製品製造事業を引き継いだ意義を改めて顧みることにしました。地元に愛されてきたこの場所を、この工場を存続させるためにはどうすれば良いのか。

そこでたどり着いたのが、新商品であるジェラートの開発。そして、工場内にジェラートショップ「ジェラテリア」を開業し、もう一度地元の方々に、長年愛されてきたこの工場の味を体験できる場所を作ることでした。

『再び、地元の皆さんと直接交流できる場所にしたい』。
『秋田のおいしい生乳で作ったジェラートを、ここで食べてもらいたい』。

ジェラートにすることで、パッケージ化が可能となり、全国の方にも配送が可能です。
秋田県産の新鮮な美味しい生乳、東北の豊富な食材・文化をジェラートにして皆さんに届けたい。


クラウドファンディング:https://camp-fire.jp/projects/view/544742 
問い合わせ先:ノリット・ジャポン株式会社 
〒010-0921秋田県秋田市大町3丁目5-8 ウィング・グラン4階
Tel:018-874-7547 Fax:018-874-7548 
Mail : mouri@norit.jp  担当:毛利


工場直売のジェラートショップ「ジェラテリアyuwa」オープンに向けたクラウドファンディングを開始します!|ノリット・ジャポン株式会社
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000088178.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP