山口県・山口市の老舗ゲストハウス「紅花舎」が、薪サウナやコーヒースタンドなどを新設し、地元の人も楽しめるゲストハウスに再生するためのクラウドファンディングを8月31日まで実施 #山口市 #ゲストハウス #サウナ #クラウドファンディング


ゲストハウス運営を行う山口紅花舎(旧 山口ユースホステル、所在地:山口市宮野上801、代表代理:杉田 宗一)は、新しい業態への転換に伴う大規模改修工事費用の支援募集をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて2022年8月1日(月)から8月31日(水)まで実施している。

メインビジュアル

■概要

紅花舎は1974年、山口ユースホステルとして開業。以降48年間「旅行者に気軽で安全な宿を」という創業理念の元、ゲストハウス運営を継続してきました。しかし利用者の旅行スタイルの変容、施設の老朽化、コロナ禍の影響などにより事業継続が難しくなってきており、新たな観光ニーズへの対応が必須となりました。

そこで築80年以上の歴史がある当施設(370m2)を薪を使用した本格サウナ、焚き火スペース、コーヒースタンド、セレクトショップ等を新設。旅行者のみならず地元住民も楽しめる場として地域社会へ貢献する場を目指すとともに、高付加価値化、高収益化をはかります。

外観

■特徴

●山口県初 常設男女別薪サウナ

薪サウナとは熱源を一般的なガスや電気に頼らず、木材としたサウナ。

サウナ室内に設置した鉄製ストーブで薪を燃やし温めた石に水をかけ(ロウリュ)熱気、蒸気を楽しむことができます。代謝が上がり、疲労回復、安眠効果があると言われていて、揺らめく炎と薪の香りがもたらすリラックス効果の為サウナ愛好家の多くに好まれています。

常設かつ男女別の薪サウナは山口県初です。

サウナ室イメージ

●coffee & beer stand

フロントカウンターでは美味しいコーヒーやサウナ上がりのクラフトビールを提供します。hangout coffee and beer standを運営しロースターを目指す末永 恭大さんにオリジナルコーヒー豆「koukasha blend」の焙煎とドリンク提供のノウハウ指導を依頼しています。

●紅花舎store

お土産品ではなく、長く使いたい本質的な日用品やアウトドアで活躍するアイテム、おすすめの食品などをセレクトして販売。さまざまなジャンルの全国のクリエイターを招き、ポップアップショップ、ワークショップなどをときおり開催予定です。

フロント周り

●ベッドルームはプライバシーを確保したコンパクトシングル6室と、ご家族やグループでお使いいただける3~4人部屋が2室。Wi-Fi環境を整備し、ワーケーションにも対応しています。

ファイアピット
焚き火風景

■リターンについて

8,000円 :【サウナ・朝食付きご宿泊券/1泊分+紅花舎オリジナルタオル】

10,000円:【オリジナルトートバッグ+koukasha blendコーヒー豆100g】

15,000円:【紅花舎store/ドリンク/フード商品券 17,000円分】

■プロジェクト概要

プロジェクト名

【旅人も地元の人も寛げるゲストハウスを!山口に】紅花舎 再生プロジェクト

期間: 2022年8月1日(月)8:00~8月31日(水)23:59

URL : https://camp-fire.jp/projects/view/558002

■企業概要

商号  : 紅花舎

代表代理: 杉田 宗一

所在地 : 〒753-0001 山口県山口市宮野上801

設立  : 1974年2月

事業内容: ゲストハウス運営

URL   : http://www.yamaguchiyh.com/aisatu.html


山口・老舗ゲストハウス 紅花舎、8月31日まで クラウドファンディングを実施!薪サウナやコーヒースタンドなど 新設し、地元の人も楽しめるゲストハウスに再生! | 紅花舎

https://www.atpress.ne.jp/news/320891

ライター

目次
閉じる