空き家/不動産関連専門のニュースメディア

NEWS

神奈川県・新横浜に、旧郵便局をリノベーションした地域の文化複合拠点「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-」が2022年8月10日にオープン! #リノベーション #地域活性化 #シェアスペース

”未来への窓口”をコンセプトにしたシェアスペースや飲食店、ポップアップテナントなど6つのコンテンツが入った文化複合施設が2022年8月10日からオープン


建築設計を中心にコンセプト企画から不動産業、施設運営までトータルデザインする“well-doing Company”株式会社ウミネコアーキ(神奈川県横浜市、代表取締役:若林拓哉、以下、ウミネコアーキ)は、“未知への窓口”をコンセプトに、地域の要の位置にある空き建物を改修して地域の文化複合拠点とする新事業「ARUNŌ」を発表した。
その第1号店として、旧・横浜篠原郵便局(神奈川県横浜市港北区)の跡地を賃貸・改修した「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-」が2022年8月10日にグランドオープンする。

「ARUNŌ」のコンセプトは、かつて郵便局として活用された建物を、ただモノを「おくる」だけではなく、利用者自身がまた違う場所や価値観まで「おくられる」ような場=”未知への窓口”です。「未知」のセカイに辿り着くための「窓口」として、利用者が様々なコトに挑戦しやすい環境を提供していきます。

  • 「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-」6つのコンテンツ

「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-」は、「シェアキッチン」「マドグチ(一窓貸し&チャレンジショップ)」「シェアラウンジ」「フローズンカフェバー」「屋外出店スペース」「シェアハウス」の6つのコンテンツで構成される文化複合拠点です。

・シェアキッチン

新しく飲食店を始めたい、作ったお菓子を販売したい、定期的に出店したい…一日から気軽に利用できる、マチナカのキッチン。

・マドグチ(一窓貸し&チャレンジショップ)

わたしの“好き”を伝えたい、地域と繋がりたい、お店番をしてみたい…マドグチを借りれば、その先にセカイが広がります。

・シェアラウンジ

イベントを開催したい、ワークショップしたい、友人と集まりたい…やりたいことはあるけど場所がないというあなたに。

・フローズンカフェバー

地域のフードロスを削減する冷凍食品がメインメニュー。通勤通学時の軽食、ランチ、夜はバーとふらっと立ち寄れます。

・屋外出店スペース

建物前面のスペースを利用してキッチンカー、マーケット、ポップアップショップなどが定期的に出店されます。 何があるかはその日次第。

・シェアハウス

運営に参加したり、新しい土地のヒトと仲良くなったり、地域に密着したり…ただ住む以上の豊かな暮らしがあります。

  • 「ARUNŌ –Yokohama Shinohara-」3つのテーマ

1.毎日でも気軽に足を運ぶことができる
2.やりたいことに挑戦できる
3.地域の資源や歴史を深掘りできる

1「毎日でも気軽に足を運ぶことができる」は、「ARUNŌ」の地域での位置づけを表しています。
目的が無いと入りづらい場所ではなく、ついつい行ってしまうような場所。あるいは行く理由を作ってくれる場所。地域の要となる中心にある場だからこそ、様々な人びとにとっての拠りどころとなり、気兼ねなく訪れられる環境にすることを目指しています。

2「やりたいことに挑戦できる」もまた、「ARUNŌ」の大きな特徴です。お客さんとして来るだけでなく、ここでたくさんの未知の活動と出会うことで、自身が主体的に行動できるキッカケを見つけてもらえればと思っています。そしてその挑戦のハードルをなるべく下げることで、”とりあえずやってみる”ための後押しになる場を目指しています。

3「地域の資源や歴史を深掘りできる」は、「ARUNŌ」と地域との関係性の在り方を示しています。「ARUNŌ」に来れば地域の歴史や活躍している人びとを知ることができたり、どんな地域資源があるのか見えてきたりします。それが地域への愛情を育むだけでなく、みなさんが未来を描くために、知りたいこと・繫がりたいこと・やってみたいことのキッカケやヒントになることを目指しています。

今後、ウミネコアーキは旧・横浜篠原郵便局のように、築年数の経った日本中の元郵便局の建物を「ARUNŌ」シリーズとして改修していくことを予定しています。ARUNŌを通じて日本各地に“未知への窓口”を展開してまいります。

ウェブサイト:https://u-aruno.com/
Instagram:https://www.instagram.com/u_aruno_/

  • 「ARUNŌ –Yokohama Shinohara-」について

所在地:〒222-0026 神奈川県横浜市港北区篠原町1410
(JR横浜線・新横浜駅 篠原口より徒歩4分、東海道新幹線・新横浜駅 西口より徒歩5分)
企画・設計・不動産・運営:株式会社ウミネコアーキ
グラフィックデザイン:COYOTE合同会社

新横浜駅から南側の、起伏が激しく坂道や細い道も多い、昔ながらの閑静な住宅地である篠原町。近くには幼稚園や小学校、中学校、個人商店が建ち並ぶ場所もあり、「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-」はそんな暮らしの温かみを感じることのできる地域に佇んでいます。北側の新横浜駅周辺は駅ビルやチェーン店がひしめき合うビジネス街で、日産スタジアムや横浜アリーナのイベント時には大変賑わうため、南北のコントラストが特徴的です。

「ARUNŌ」という名前は、元々郵便局であったことと、ウミネコアーキのモチーフである「鳥」を掛け合わせた時に「伝書鳩」を想起したことからきています。19世紀末にアメリカの博物学者シートンが著した『シートン動物記』の中の「伝書鳩アルノー」という作品が名前の由来になっています。

  • 旧・横浜篠原郵便局について

・竣工:1975年
・郵便局としての利用:1975年~2021年
・設計:日本逓信建築事務所(現・ニッテイ建築設計)

  • 入居者・出店者募集中!

「ARUNŌ –Yokohama Shinohara-」では、「シェアキッチン」「マドグチ」「シェアラウンジ」「屋外出店スペース」「シェアハウス」の入居者・出店者を募集中です。詳細情報はウェブサイトの各コンテンツページをご覧ください。
ウェブサイト:https://u-aruno.com/

  • プレオープン/グランドオープン予定日

2022年7月9日(土)から8月10日(水)までの一ヶ月間をプレオープン期間としてオープン予定です。また8月10日(日)をグランドオープン予定としております。詳細はInstagramにてアップさせていただきます。
Instagram:https://www.instagram.com/u_aruno_/

  • 株式会社ウミネコアーキ

わたしたち株式会社ウミネコアーキは、一人ひとりがより良く行動できるようにするための事業を展開する”Well-doing Company”です。それを実現するうえで、わたしたちは建築空間を最も重要な存在として位置づけております。しかしながら、ただ建築空間をつくるだけではそれを実現することは困難です。そのため、わたしたちは建築設計のみならず、その前提となる調査研究・企画・コンサルティングから竣工後の不動産・管理運営に至るまでトータルデザインすることで、“well-doing”な場をつくりあげることを目指しております。

代表取締役:若林拓哉
オフィス:神奈川県横浜市港北区篠原町2813
設立:2022年1月11日
事業内容:建築設計業・企画コンサルティング業・不動産運営管理業 等
コーポレートサイト:http://umineko-archi.com/


旧郵便局を改修した地域の文化複合拠点「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-」が新横浜にオープン | 株式会社ウミネコアーキ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000102091.html

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP